複数のオリゴ糖で効果アップ

未分類

オリゴ糖の効果をよく発揮させるためには、複数の種類のオリゴ糖を摂ることが効果的とされています。腸内に生息している細菌は、1つの細胞につき千種類以上といわれています。それらの細菌に対抗する善玉菌の種類も当然多いので、それらにはたらきかけるオリゴ糖の種類も増やす必要があるというわけです。つまり、私達にも食べ物の好き嫌いがあるように、善玉菌にもその種類に合った乳酸菌がそれぞれ存在するということです。

1種類だけのオリゴ糖では、活性化させられる善玉菌の種類や数も少ないので、腸内環境の改善に効果が見られにくいといわれています。もちろん自分でオリゴ糖を違う種類でいくつか混ぜて摂取するのも良いですし、最近では数種類のオリゴ糖がブレンドされた甘味料等の食品やサプリメントが作られているので、それを試してみるのもお勧めです。

このように、腸内に複数種類いるそれぞれの善玉菌にまんべんなくアプローチするために、オリゴ糖も数種類摂るように心掛けると良いでしょう。また、オリゴ糖を含む食品等を選ぶ時には、なるべく不純物が少なくオリゴ糖の濃度の高いもの、そして難消化性のもの(消化、吸収されにくく大腸に届き易い)を選ぶと、より便秘の改善に効果が出るとされています。

効果の上がる接種タイミング

未分類

オリゴ糖は、特にどのタイミングで飲まなければいけないという決まりはありませんが、摂取するとそのはたらきをよりよく発揮させることが出来るタイミングがあるのです。食事や飲み物と同時にオリゴ糖を摂取した場合、食品とオリゴ糖が一緒に腸へ届いてくれます。また、オリゴ糖を調味料として混ぜた料理を食べるのも良いでしょう。このように、食事とともにオリゴ糖を摂って効果がみられないという場合は、空腹時や寝る前にオリゴ糖を摂るようにして、様子を見てみてください。

空腹時の方がダイレクトにオリゴ糖が吸収され、人によっては効果を感じ易いといわれています。オリゴ糖を毎日同じ時間帯、同じ方法で摂取していると効果が出にくくなることもあります。これは、悪玉菌にオリゴ糖への耐性が出来てしまうことが原因で、摂取の時間や方法を変えることで、効果がまた出るようになるといわれています。逆に、オリゴ糖がお腹に負担をかけそうで心配という場合には、一日に摂取する適量であるスプーン1杯(約5グラム)の量を、一日に何回か分けて摂るようにし、お腹の調子を見ながらその量を調整するようにしましょう。

オリゴ糖はウィルスのはたらきを抑え、下痢を防止すると言いましたが、オリゴ糖は消化しにくい一面があるので摂り過ぎはお腹を壊すことに繋がることがあります。オリゴ糖は普通の砂糖に比べて甘さが控えめなので、ついつい沢山入れてしまいそうになりますが、砂糖と一緒に使う等してオリゴ糖を摂り過ぎないように注意することが必要です。

なぜオリゴ糖で便秘改善ができるの?

未分類

便秘解消に効果的なものとしては、乳酸菌やビフィズス菌が有名ですが、オリゴ糖にもその効果があるのです。オリゴ糖が便秘解消に効くメカニズムはどのようなものなのでしょう?オリゴ糖が便秘に効く理由の一つは、その粒子の大きさにあります。ブドウ糖の粒子は小さく、腸に届く前に消化されて無くなってしまいます。それに比べてオリゴ糖は粒子が大きいため、消化されずに腸まで行き渡ります。

腸まで届いたオリゴ糖はどのように役に立つかというと、善玉菌の栄養源になるのです。善玉菌が酢酸や乳酸を生成することで、腸内は酸性に保たれます。酸により腸が刺激され、便通が良くなります。善玉菌がオリゴ糖を食べて増加し、活発になることで、よりそのはたらきが促進され、それによって便秘改善の効果が出るというわけです。

Link:私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~

また、善玉菌が増えることで悪玉菌の増加を防ぎ、腸が有害物質を吸収することを防ぎます。これにより、病気になりにくくなったり、ウィルスによる下痢の発生を抑制してくれるはたらきもあります。それらのはたらきに加え、善玉菌は沢山の種類のビタミンを生成するので、身体を元気にさせ、美肌に導いてくれます。このように、オリゴ糖が善玉菌の栄養源となることで、便秘解消の他にも様々な体に良い効果をもたらしてくれますが、このオリゴ糖はただ摂れば良いというものではありません。オリゴ糖を摂る時間帯や、摂取の仕方をいつも同じにしないことでその効果が発揮され易くなるといわれています。

また、1種類のオリゴ糖より、複数種類を摂取した方が、善玉菌のはたらきが良くなるともされています。次に、オリゴ糖を摂るのに丁度良いタイミングや複数のオリゴ糖を摂ると良い理由についてご説明しましょう。