複数のオリゴ糖で効果アップ

未分類

オリゴ糖の効果をよく発揮させるためには、複数の種類のオリゴ糖を摂ることが効果的とされています。腸内に生息している細菌は、1つの細胞につき千種類以上といわれています。それらの細菌に対抗する善玉菌の種類も当然多いので、それらにはたらきかけるオリゴ糖の種類も増やす必要があるというわけです。つまり、私達にも食べ物の好き嫌いがあるように、善玉菌にもその種類に合った乳酸菌がそれぞれ存在するということです。

1種類だけのオリゴ糖では、活性化させられる善玉菌の種類や数も少ないので、腸内環境の改善に効果が見られにくいといわれています。もちろん自分でオリゴ糖を違う種類でいくつか混ぜて摂取するのも良いですし、最近では数種類のオリゴ糖がブレンドされた甘味料等の食品やサプリメントが作られているので、それを試してみるのもお勧めです。

このように、腸内に複数種類いるそれぞれの善玉菌にまんべんなくアプローチするために、オリゴ糖も数種類摂るように心掛けると良いでしょう。また、オリゴ糖を含む食品等を選ぶ時には、なるべく不純物が少なくオリゴ糖の濃度の高いもの、そして難消化性のもの(消化、吸収されにくく大腸に届き易い)を選ぶと、より便秘の改善に効果が出るとされています。

Previous
効果の上がる接種タイミング