効果の上がる接種タイミング

オリゴ糖は、特にどのタイミングで飲まなければいけないという決まりはありませんが、摂取するとそのはたらきをよりよく発揮させることが出来るタイミングがあるのです。食事や飲み物と同時にオリゴ糖を摂取した場合、食品とオリゴ糖が一緒に腸へ届いてくれます。また、オリゴ糖を調味料として混ぜた料理を食べるのも良いでしょう。このように、食事とともにオリゴ糖を摂って効果がみられないという場合は、空腹時や寝る前にオリゴ糖を摂るようにして、様子を見てみてください。

空腹時の方がダイレクトにオリゴ糖が吸収され、人によっては効果を感じ易いといわれています。オリゴ糖を毎日同じ時間帯、同じ方法で摂取していると効果が出にくくなることもあります。これは、悪玉菌にオリゴ糖への耐性が出来てしまうことが原因で、摂取の時間や方法を変えることで、効果がまた出るようになるといわれています。逆に、オリゴ糖がお腹に負担をかけそうで心配という場合には、一日に摂取する適量であるスプーン1杯(約5グラム)の量を、一日に何回か分けて摂るようにし、お腹の調子を見ながらその量を調整するようにしましょう。

オリゴ糖はウィルスのはたらきを抑え、下痢を防止すると言いましたが、オリゴ糖は消化しにくい一面があるので摂り過ぎはお腹を壊すことに繋がることがあります。オリゴ糖は普通の砂糖に比べて甘さが控えめなので、ついつい沢山入れてしまいそうになりますが、砂糖と一緒に使う等してオリゴ糖を摂り過ぎないように注意することが必要です。